août 14, 2012

cafe room basis A


© cccouk , tokyo :故児玉清さんが絶賛したといふguiness風ice珈琲. 泡の上の珈琲豆がなければ本当にbeerのやうだ. 美味. 渋谷区幡ヶ谷と代々木上原の間. 坂道の途中の隠れ家cafe. ゆるゆるとスパイスのかほりがして, 個人的にはBaliをおもひだした. cafe room basis A

juin 17, 2012



mai 24, 2011

Bob Dylan & coffee


happy birthday

décembre 3, 2010














©chocochips

novembre 7, 2010


novembre 6, 2010


©chocochips

novembre 4, 2010


octobre 11, 2010


juin 21, 2010

michi

20100621%20cps%20kappa.jpg

2010062102%20cps%20kappa.jpg

2010062103%20cps%20kappa.jpg
©chocochips

珈琲300円也。グラスにはハートが刻まれてゐた。

純喫茶 みち
東京都台東区西浅草1-7

juin 17, 2010

Repose' Sugi

P1010001.JPG

P1010002.JPG

P1010005.JPG
© orangepeel

hotcakeが暑い午後に至福のひととき『Repose' Sugi(ルポーゼ すぎ)』@八幡山

juin 11, 2010

chazu

P1000840.JPG

P1000843.JPG
© orangepeel

curryのおいしい珈琲屋『茶豆』@笹塚

avril 30, 2010

satsuki

20100428%20satsuki%2001%20chocochipscouk.jpg

20100428%20satsuki%2002%20chocochipscouk.jpg

20100428%20satsuki%2003%20chocochipscouk.jpg
©chocochips

創業60年以上になるという珈琲店。笹塚駅を出て甲州街道沿いに西へ徒歩約10分。甘味処「皐月喫茶室」は「御菓子司 皐月」との兼業。メニュウのこぶ茶に旬の柏餅をいただき暖をとる。かじかんでいた指先が温かな器でほぐれていく。こぶ茶の底にはたんまりと千切昆布。某ヒット邦画にもロケで使われたとのこと。ちなみに隣席の文学眼鏡女子は図書館で借りてきた本を片手にナポリタンとフルーツパフェをたいらげていた。

甘味処「皐月喫茶室」
10:00~19:30、LUNCH 11:30~14:00(定休日:日曜日、または祭日)
東京都渋谷区笹塚1-59-5


avril 3, 2010

coffee jazz genius

20100403%20genius04%20chocochipscouk.jpg

20100403%20genius05%20chocochipscouk.jpg

20100403%20genius11%20chocochipscouk.jpg

20100403%20genius12%20chocochipscouk.jpg
©chocochips

神田川・桜橋!のたもと。半地下のcozyな空間。渋谷から移転して20年という。広い店内にはJAZZ雑誌専用deskも。JAZZマニアが世界に浸っていた。

coffee jazz genius
中野区本町3-2-10 マンションスズノ 1F

4 choume cafe

20100401%204ch01%20chocochipscouk.jpg
20100401%204ch02%20chocochipscouk.jpg
©chocochips,koenji,tokyo

mars 21, 2010

hotaka

hotaka.jpg
©chocochips

この写真では店の佇まいがまったくわからず失礼。ここは長野ではなく、東京・御茶ノ水 聖橋寄り。外観は山小屋風。中からは御茶ノ水渓谷を見下ろす山小屋のやうな眺望が。書棚には山岳関係の本が納められ、新田次郎の色紙も飾られている。山好きの店主が新田次郎の詩に因んだと推察。“穂高岳 わがふるさとの山々に 心おきなくものをいうなり”。しぶいビロードのチェアもよい。しかし以前、愛煙家たちのあまりの煙で入店を断念したことがある。渓谷を見て一服という気持ちはわかるが。

喫茶 穂高(hotaka):(参考:外観 店内
東京都千代田区神田駿河台4-5-3

good bye,garandou

garandou.jpg

garandou2.jpg
via ちょっとずつ いろいろ

三軒茶屋・我蘭堂(がらんどう)が閉店。きちんと伺ったことがなかっただけに残念。愛しい珈琲屋がどんどんなくなっていく。。。

décembre 31, 2009

karafuneya

karafuneya%201972.jpg
kyoto

décembre 18, 2009

gomendo

gomendomj.jpg

エフェメラ箱をのぞいてたらでてきたマッチラベル。

メモ帳をみておもいだした。ああ、そうだ。
1995年の冬、妙見島~人形町や築地、月島をmicrojourneyした。
勝鬨橋を渡って月島は裏路地にある喫茶店‘御免堂’。
ウインナ・コーヒーをいただきました。
ワタシのでっかいフィルムカメラに、
「取材ですか?」と真顔できかれてしまった。

名刺や店主デザインのラベル(10枚も!)をおみやげに、
さて、ご紹介するのに14年の歳月がたってしまいました。

décembre 12, 2009

jashumon

091212cps01%20chocochips.co.uk.jpg

091212cps02%20chocochips.co.uk.jpg

091212cps03%20chocochips.co.uk.jpg

décembre 6, 2009

sarugaku coffee

sarugaku%20coffee%20091204.jpg
shibuya-ku,tokyo


失礼。ちょっとピンボケ。開店後にあらわれる猿楽珈琲のメニュ。

novembre 21, 2009

COFFEA EX LIBRIS

coffea%20ex%20libris.jpg
via

まだ伺ったことはないが、秀逸なEX LIBRIS。きっといい珈琲屋だろう。

COFFEA EXLIBRIS(コフィア エクスリブリス)
〒155-0032 世田谷区代沢5-8-16 
定休日 金曜日
営業時間 月~日13:00~22:00 (LO 21:00)

novembre 8, 2009

amsterdam coffee

amsterdam%20coffee.jpg

octobre 31, 2009

sarugaku coffee

sarugaku%20coffee.jpg

ほとんど見落としそうな表札。ここののんびりした営業時間内に行けたためしがない。

octobre 27, 2009

coffee smart

coffee%20smart.jpg
smart coffee,kyoto
via mapple

京都の珈琲店はイノダや進々堂だけではない。創業1932(昭和7)年・スマート珈琲店の歴史に敬意を表さねばならない。

スマート珈琲店
京都府京都市中京区寺町通三条上ル天性寺前町537

octobre 10, 2009

bachelor house

091009%20bachelor01%20chocochips.co.uk.jpg

091009%20bachelor03%20chocochips.co.uk.jpg
© chocochips , bachelor house , hitotsubashi , tokyo

candle

09101001%20candle.jpg

一ツ橋。レディが好きそうだが。まだ新しい。味が出てきたら入るかもしれない。

octobre 8, 2009

珈琲屋 ゆぱんき


© gijin okuyama
photo by chocochips @ 珈琲屋 ゆぱんき, ichikawa ,click to enlarge

幕張から都心に帰る途中、以前から伺いたかった市川の「珈琲屋 ゆぱんき」に。常連の方からこちらの焙煎をお土産でいただき、独特の深いアロマが印象的だったのだ。到着は日暮れ。夏木陽介似の渋いマスターは、そろそろ閉店の風情。豆をいただいて帰る決心をしたところ、小生がはるばるの体を知り「雨だし、もう閉めようかなと思ってたんだけど」と笑いながら珈琲を淹れてくださる。男気に感謝。珈琲は秀逸。書籍類も味がある。珈琲愛好家にお薦めの名店。どうもありがとうございました。ちなみに焙煎したての珈琲配送サービス(日本全国)もあるそうだが、現状は電話・FAXでの注文はできない。まず一度は参拝すべし。珈琲の虜になるだろう。JR市川駅下車・北口徒歩3分。

珈琲屋 ゆぱんき 千葉県市川市市川1丁目7-1


septembre 30, 2009

how to make a perfect cup of coffee

coffeemj01.jpg

howtomakemj02.jpg
© ephemera collection of orangepeel

学生街の喫茶店

下北沢の喫茶店で「昔は学生さんのサロンでした」と言われて。
今はネットがサロンですね。

at coffee shop


CoffeeStencil

septembre 28, 2009

goodbye,jazz masako


1953-2009

JAZZマサコの最期。店のすぐ裏側まで更地にされていた。
別の場所で再開するらしいが、この場所では見納め。グッバイ。

septembre 22, 2009

master of cafe‘jashumon’

sakumichi%20chocochips.co.uk.jpg
© photo by chocochips,click to enlarge
Mr.sakumichi,master of cafe‘jashumon’showing his portrait which was taken by nobuyoshi araki .

「邪宗門」下北沢店店主、作道氏。天才アラーキーによってゲリラ撮影されたポートレートを手にするシャイな風情。この方は「少年」をずっと持っておられる。

septembre 19, 2009

cafe room


© photo by chocochips,akanbanedai apartments

建て替えが進む23区最古のマンモス団地・赤羽台団地。遠くで数頭のクレーンが首を動かして。潜入者を迎えてくれた喫茶店「ルイシャンティ」。仏蘭西語風の意味不明な名。1日に何人来客があるのだろう。百合が静かに香っていた。

please visit chocochips.co.uk also

septembre 12, 2009

coffee book


©: ephemera collection of chocochips. click to enlarge

珈琲業界の重要文化本。高島君子(木村コーヒー店)「コーヒー専科」(大泉書店)。珈琲の歴史はもちろん、理想の淹れ方、世界各国の珈琲事情と解説などなど。巻末近く1/5を割いてココア・紅茶も解説されています。

septembre 9, 2009

Killing Me Softly with His Song


ネスカフェCM (1972年)

septembre 3, 2009

trap trump


© ephemera collection of chocochips │ click to enlarge
matchbox of jashumon : Master,Mr.Sakumichi was a deciplene of Japanese famous magician.

森茉莉が愛した喫茶「邪宗門」下北沢店の隠れた名物・手品用トランプマッチ。
初代引田天弘の一番弟子だったマジシャン、マスター作道氏の個性がキラリ。
手先の器用の方なら、これで手品ができるでしょう。

août 23, 2009

milkhall


coffee-ya


août 22, 2009

blacky


© ephemera collection of chocochips │ click to enlarge

août 1, 2009

space15

space15.JPG

駒場・神泉(しんせん)界隈では自宅を改装した自称珈琲屋がいくつかある。神泉駅近く、住宅街の「すぺーす15」は、8月いっぱい夏休み。優雅である。リビングが喫茶スペースで、数人ですぐ満席。家庭教師をしていた頃を思い出させた。ああ夏休み。教職が少しだけ羨ましくなる。

juillet 19, 2009

calion

090718calion.JPG

中野新橋・川島通商店街近く「カリオン」はベルギーの国旗が看板。店内は6人掛けカウンターとテーブルが2つとこじんまり。友達の家のようなアットホームな雰囲気。海洋研で珈琲を飲みすぎたのでパイナップルジュース(350円)でしばし涼。搾りたてが美味。

@Ocean Research Institute

090718ut%20cps.JPG

珈琲屋ではなく、東京中野区の東大海洋研。もうすぐなくなってしまうキャンパスの「休憩室」に満ちていたのは挽きたて珈琲のアロマ。たしか昨年にはなかった自販機「ミル挽きコーヒー」から。どうやら全国のSAでも評判らしい。自販機を誉めるのは貧乏臭いがこのアイスコーヒー(100円)が美味だった。居合わせたどこかのお母さんがホットのミル挽き珈琲を買ってみると、待つ時間は長いが本格的に抽出された味だと驚いていた。この自販機いくらするのだろう。

juillet 18, 2009

coffee kan

090718%20cps%20brick.JPG
© my ephemera collection

juin 27, 2009

rosario

09062601rz.JPG

09062602rz.JPG

09062603rz.JPG

09062604rz.jpg

神保町。陽射しから逃れようとしていたら視界に「純喫茶 ロザリオ」。階段を下りるか否か。少し迷った。祈るように階下に。老母と娘らしき2人の経営。朔太郎的「のすたるぢい」というのだろうか。誰かの家にお邪魔したような。TVの音。生活。数分の休息。アイス珈琲350円。

juin 14, 2009

Zaroff

ZR02.JPG

ZR01.JPG

ZR03.JPG
hatsudai,shibuya-ku,tokyo

近所散歩の途中、立寄ったのが「画廊 珈琲 Zaroff」。五差路に舳先を向ける小さな黒船の如し。入口の扉には「美」の文字。店内の隅々に店主のこだわりが。書棚にはコアな哲学・藝術本。瀧口修造の作品集などを見ながら憩う。お誘いを受け2階のギャラリーも拝見。こじんまりとした静謐な空間。月に一度、蓄音機による音楽鑑賞会(予約制:1,000円)が開かれているとのこと。

avril 23, 2009

ruan

09042201.jpg

09042202.jpg

09042205.jpg

09042204.jpg

09042203.jpg
since 1971:1-36-2 oomori-kita,oota-ku,tokyo
photo:coffee×honey

大森。長い打ち合わせの後、同僚たちと「珈琲亭 ルアン」へ。1971年創業のレトロな味わい。1F、2F合わせて80席。くつろぎ度もよいかんじ。多様性に富むメニュの中からできるだけとんでもないものを。ハニー・コーヒーにはハニーポットがついてきた。撮っていると勝手に注がれる。プーさんの気持ち。

珈琲亭 ルアン 東京都大田区大森北1-36-2

avril 8, 2009

a coffee shop

coffeeyanohitobito.jpg
双葉社

「珈琲屋の人々」(池永陽)。まだ読んでいないが少し気になる。
そのうち映画などになるんだろうか。
「珈琲屋」を使うタイトルにシンパシーをこめて。

octobre 17, 2008

Monna Lisa

雨の大森。「喫茶モナリザ」。1Fは4人掛け席が4つ。2Fもあり。原稿を書こうと思ったが予想以上にレトロで落ち着かず。福田赳夫似のマスターはワイシャツ、ネクタイ、ヴェストがよく似合う。創業半世紀とか。摺硝子戸の向こうを、傘持つ人々が西へ東へ。なぜモナリザなのかは、訊けなかった。珈琲350円。

juillet 29, 2008

stock


ebisu,shibuya-ku,tokyo

恵比寿駅前の「STOCK」。中はロッジのよう。苦界からの避難所か。柱時計の音がチクタク響く。創業50年。主人と常連が79歳で逝った友を懐かしんでいた。